いつまでも若く、美しく!?青汁に含まれる美容成分の種類とは?

Posted by

みなさんは、青汁が美容に良いことをご存知ですか?青汁は健康に良いばかりでなく、「キレイ」の源にもなるのです。

「今よりもっとキレイになりたい」
「美容と健康に気を付けたい」

そんな方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、青汁の美容効果についてご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

青汁にはどんな美容効果があるの?

青汁 美容効果

ビタミンCやβカロテンが豊富

青汁にはビタミンCやβカロテンが豊富に含まれています。この二つの栄養素は「美肌ビタミン」と呼ばれ、お肌を若く健康に保つ作用があります。美容にはやっぱりこの二つの栄養素が欠かせないんですね。

ビタミンCは、たんぱく質やコラーゲンを作るのに必要不可欠な栄養素であるうえに、免疫力の向上などの働きを持ちます。まさに「美容と健康」ですね。

βカロテンは、体内に取り込まれるとビタミンAに変換されます。ビタミンAは、身体の酸化を防ぐ「抗酸化作用」を持ち、体を若々しく保つのに役立ちます。

ビタミンEでシミやそばかすを防ぐ!

青汁にはビタミンEも多分に含まれています。ビタミンEはコラーゲン繊維を破壊してしまう活性酸素から肌を守り、血行を促進する働きを持ちます。これによって、肌にハリやツヤが出てきます。

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれるくらい、美容効果が高いのです。

カルシウム

青汁にはなんとカルシウムも含まれています。注目していただきたいのは、ケールを原材料とする青汁です。

カルシウムは骨や歯の生成に必要不可欠な栄養素ですが、食品によって吸収率が違います。

青汁の主原料として有名なケールは、カルシウムの含有量が高いばかりでなく、吸収率も高いとして注目されているのです。

食物繊維

青汁には食物繊維もたっぷりと含まれています。食物繊維には、便をかさ増しして排出しやすくしたり、善玉菌の活性化をバックアップしたりする働きがあります。

腸内環境を整えれば、免疫力やお肌のコンディションもアップします。デトックス効果(便などの不要物を体外へ排出する効果)もありますから、美容面に非常に優れた成分と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。青汁には美容に良い成分がたっぷりですね。

いつまでも若々しく、健康に、そして美しくありたいと思うなら、青汁を始めてみてはいかがでしょうか。

それほど高いものではありませんし、1ヶ月2、3000円から始められます。試供品として数日分が格安で販売されていることもあります。

興味のある方はぜひ、各青汁製品をネット等で調べて、比べてみてくださいね。